年末年始の行事のお知らせ

12月31日(日)

○大祓式(おおはらえしき)

一年の罪穢れを祓う儀式で、神職・関係者参列のもと行われます(一般の方は参列できません)。

 

1月1日(月)~8日(月)

○初詣

 元日午前0時から3時頃まで、表門を開き、陽明門下に設けた特設祈祷所にて新年特別祈祷祭を行います(詳しくは当ホームページ「新年祈祷」の項をご覧ください)。五重塔前の授与所では破魔矢・熊手・吉祥絵馬などの縁起物や、当たり付き「おみくじ」をお頒ちします。いったん閉門し、午前8時にあらためて開門。引き続き新年祈祷申し込みの受付をいたします。

 

 東照宮の縁起物は、8日まで、五重塔前の授与所にてお頒ちします。

①熊手......穀物をかき集める農具をかたどった福徳を集める縁起物です。

②破魔矢......邪気を払う魔除けの縁起物。子供の初正月の祝いに親戚などが贈る習慣もありました。

③幸運の矢......積極的に幸運を射止める現代的な縁起物。健康の矢(青色)、幸せの矢(桃色)、金運の矢(黄色)、

       勝ち抜きの矢(紫色)、厄除けの矢(赤色)の五種類があります。

④戌歳絵馬......願い事を記す奉納絵馬ではなく、吉祥画としてお飾りいただくものです。(中・小各絵馬)

       【新年特別祈祷申込の場合、中絵馬か大絵馬(1万円~)が授与品として頂けます。=同御案内参照】

⑤紅白縁起物......古くから魔よけとされる土鈴を干支の戌(犬)に模った紅白一対の縁起物です。

       【新年特別祈祷申込の場合、授与品として頂けます。=同御案内参照】

⑥幸運の蹄鉄......昔から、馬は人を踏まないと言われることから、「交通安全」を祈る意味で自動車に飾ったり、

       幸せが「駆け込む」、物事が「ウマくゆく」などとして珍重されてきた蹄鉄。

       「御神馬」や「流鏑馬用馬」に使われた当宮「幸運の蹄鉄」を特別頒布いたします。

⑦御神水「天恵」......豊かな杜に恵まれた日光の清らかな水(日光連山の伏流水)を御神水としてお頒ちして

       います。(頒布場所は境内御神酒授与所のみとなりますが、通年取扱っています。)

      【新年特別祈祷申込の場合、授与品として頂けます。=同御案内参照】

      ※ご参拝になれない方は、唯一NTTテルウェルのECサイト

      (テルウェルeすとhttps://twec.jp/user_data/tenkei.php)で

      御神水「天恵」ご購入の申込みをいただけます。

 

1月1日(月)

○歳旦祭(さいたんさい)

国家の繁栄と国民の幸福を祈念する祭典。午前6時より斎行されます。(一般の方は参列できません。)

 

1月17日(水)

○自衛消防隊機動班放水演習

国宝・重要文化財の建造物を守るため、当宮の職員が消火設備の点検と放水演習を行います。

 

1月26日(金)

○文化財防火デー消防訓練

日光山の文化財を守るため、東照宮を会場として、日光二社一寺(東照宮・二荒山神社・輪王寺)共同で消防訓練を行います。