日光東照宮 最新情報

松平容保宮司の明き心

2012年12月27日

 明治時代に松平容保宮司がしたためた扇面和歌が当宮の宝物館にあります。中禅寺湖を寿いだ次の歌が記されています。

  「中宮祠にてよめる
          容保
   紅葉するあきのけしきはいかならむ
   さらてもあかぬ幸のみつうみ」

 「中宮祠」とは、中禅寺湖の畔にある二荒山神社中宮祠のこと。松平容保宮司は東照宮の宮司と二荒山神社の宮司を兼ねていたので、中宮祠に行く機会があったのでしょう。歌の中に出てくる「幸のみつうみ」は中禅寺湖のことです。意味は次の通りです。

  「紅葉の秋の景色はどれほど素晴らしいことだろう
   いや、紅葉の季節でなくても見飽きないほどの
   幸の湖(中禅寺湖)であることよ」

 ここで注目したいのは、歌の中に「幸のみつうみ」とある点です。実は、この「幸のみつうみ」は明治天皇のお言葉を踏まえたものでした。明治天皇は全国を御巡幸されましたが、明治9年には日光を訪れ、その際に、中禅寺湖をお誉めになって、「幸の湖」と呼ばれたのです。松平容保宮司は、この明治天皇の国誉めのお言葉を詠み込むことで、中禅寺湖に対して、最上級の賛嘆をしたのでしょう。
 松平容保宮司といえば、幕末の混乱期にあって、孝明天皇からの親任最も厚く、陛下からいただいた御宸翰と御製を生涯大切に所持していたことが知られます。
 当宮の扇面和歌からも、松平容保宮司が常に御皇室への敬慕の念をお持ちであったことが伺われます。(Y.Y)

   画像の確認

 大河ドラマ『八重の桜』が会津を舞台に始まります。会津と日光は会津街道で結ばれて、様々なつながりがありますが、中でも大きな出来事は、日光東照宮へ松平容保宮司をお迎えしたことでしょう。
 松平容保公は会津戦争の後、諸藩お預けの身となって、不如意な日々を送られましたが、明治5年には赦免され、同13年に5代目の宮司として、日光東照宮に赴任されました。同時に会津藩の家老であった西郷頼母近悳も宮司を補佐する禰宜職に就任しています。ただし、西郷頼母は明治になって名字を変えて、保科近悳と名乗っていました。幕末会津藩の主従は、こうして日光で再会を果たし、協力して日光東照宮の保全に尽力されたのです。
 その頃の東照宮は、幕府からの庇護を失い、経済的に困窮して、社殿修理に困難をきたすあり様でした。そうした中で、地元の有志者が、東照宮をはじめ二社一寺を維持するため、明治12年に保晃会を組織します。そして、会の初代会長に松平容保宮司を迎えて、日光山を守るために奉賛活動を行ったのです。松平宮司も自ら奉賛を募る書状をしたためるなどして、活動を推進されたと伝えられています。
 日光東照宮が豪華絢爛な社殿を維持できたのは、この松平容保宮司と保晃会の活動があったお蔭です。
 松平宮司が行った東照宮保全事業は、その後、大正・昭和・平成へと引き継がれ、今、御祭神400年祭を間近に控えて、急ピッチで社殿修理が進められています。

平成25年には、松平容保宮司が守り通した日光東照宮へ。
皆様のご参拝をお待ちしています。(Y.Y)

  画像の確認

12月31日(月)
○大祓式(おおはらえしき)
一年の罪穢れを祓う儀式で、神職・関係者参列のもと行われます(一般の方は参列できません)。

1月1日(火)〜6日(日)
○初詣
元日午前0時から3時頃まで、表門を開き、陽明門下に設けた特設祈祷所にて新年特別祈祷祭を行います(詳しくは当ホームページ「新年祈祷」の項をご覧ください)。五重塔前の授与所では破魔矢・熊手・吉祥絵馬などの縁起物や、当たり付き「おみくじ」をお頒ちします。いったん閉門し、午前8時にあらためて開門。引き続き新年祈祷申し込みの受付をいたします。  

東照宮の縁起物は、6日まで、五重塔前の授与所にてお頒ちします。
①熊手: 穀物をかき集める農具をかたどった福徳を集める縁起物です。
②破魔矢: 邪気を払う魔除けの縁起物。子供の初正月の祝いに親戚などが贈る習慣もありました。
③幸運の矢: 積極的に幸運を射止める現代的な縁起物。幸せの矢、金運の矢、勝ち抜きの矢、和み
        の矢の四種類があります。
④巳歳絵馬: 祈願用の奉納絵馬ではなく、吉祥画としてお飾りいただくものです。   

1月1日(火)
○歳旦祭(さいたんさい)
国家の繁栄と国民の幸福を祈念する祭典。午前6時より斎行されます。(一般の方は参列できません。)

1月17日(木)
○自衛消防隊機動班放水演習
国宝・重要文化財の建造物を守るため、当宮の職員が消火設備の点検と放水演習を行います。

1月26日(土)
○文化財防火デー消防訓練
日光山の文化財を守るため、輪王寺を会場として、日光二社一寺(東照宮・二荒山神社・輪王寺)共同で消防訓練を行います。

カレンダー

« 2015年03月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30