日光東照宮 最新情報 平成28年 日光東照宮 御鎮座 四百年

○眠り猫の記念貨幣と剣型台座頒布
 地方自治法の施行60周年を記念して、平成20年から各都道府県をテーマにした記念硬貨が発行されています。
 平成24年8月に、造幣局から陽明門の図柄の「千円銀貨幣」が発行されましたが、続いて25年1月には、当宮の眠り猫と雀をモチーフにした「五百円バイカラー・クラッド貨幣」が発行されました。
 眠り猫は東廻廊の奥社入り口にあって、その裏側に2羽の雀が彫刻されています。猫が安眠し、雀も安心してたわむれる「平和な世」の到来を表す図柄です。
 そこで、当宮では、記念硬貨と500円を両替の上、「平和のシンボル 眠り猫と雀」と記した、剣型木製台座と合わせて2,000円(両替記念硬貨込み。台座のみは1,500円)で頒布することといたしました。上部を剣型に切り落とした台座は神社の社殿や御札を想わせる清々しい形状で、眠り猫の居場所に相応しい神道的なデザインになっています。
 頒布場所は、西廻廊(陽明門をくぐって左側)・表番所です。

  画像の確認

○東照宮四百年祭記念ピンバッジ頒布
 赤地に金の葵の御紋を入れ、「日光東照宮式年大祭2015 400th」と記したピンバッジを、四百年祭に因んで400円で頒布しています。
 紺や黒のスーツに映える色合いに加え、デザインも洗練されているとの評価も得て、当宮崇敬者やピンバッジ愛好者に好評です。
 拝殿・表番所にて頒布しています。

  画像の確認