日光東照宮 最新情報 平成28年 日光東照宮 御鎮座 四百年

2月3日(月)
節分祭
午前11時と午後2時の2回、御本社において「節分厄除祈祷祭」を斎行し、それぞれの祭典終了後、午前11時40分頃と午後2時40分頃より、五重塔前の特設舞台で鬼鎮めの舞(暴れる鬼を鎮める巫女舞)、古式鳴弦の儀(弓の弦を引き鳴らして邪気を払う)、豆まき(当たり付き豆袋あり)、ガラまきを行います。
一般の方も、厄除祈祷をお申込みの上、「節分厄除祈祷祭」にご参列いただけます。厄年以外の方も受け付けておりますので、当宮祭儀部へお問合せ下さい。祈祷料、授与品、問合せ先は以下の通りです。
《祈祷料・授与品等》
2万円:授与品(神札・福枡・福豆・午歳色紙)、直会付き
3万円:授与品(神札・福枡・福豆・午歳色紙・大杓文字)、直会付き
4万円:授与品(神札・福枡・福豆・午歳色紙・大杓文字)、鳴弦所役奉仕、直会付き
《問合せ先》
日光東照宮祭儀部(さいぎぶ) ℡0288-54-0560(代)

節分について
節分とは立春の前日のこと。立春は2月4日ですから、その前日の3日が節分にあたります。旧暦では、ちょうど年が改まり正月を迎えるころなので、節分の行事には年越し行事の要素が含まれます。
この日には「福は内、鬼は外」と唱えながら豆をまき、厄祓いをする風習が見られますが、この行事は中国から伝来した追儺(ついな)に由来します。追儺は旧暦の大晦日に行われる悪鬼・疫病払いの儀礼です。奈良時代に宮中行事に取り入れられて、やがて民間にも広がりました。室町時代には豆まきも始まって、既に「鬼は外」と唱えられていたようです。豆をまくのは、穀物の持つ神秘的な力によって悪鬼を退けようとするものです。節分際は、新しき年の春を迎え、あらためて一年の除災・招福を祈る行事なのです。

節分.jpg     節分2.jpg

  

2月11日(火)
紀元祭(きげんさい)
神武天皇即位の日に、国家の安泰と御皇室の繁栄を祈願するお祭で、午前9時より御本社にて斎行いたします。
『日本書紀』には正月朔日(一日)が即位の日と記されていますが、明治時代に、これが新暦の2月11日にあたるとされ、「紀元節」として国の祝日に定められました。現在この日は「建国記念日」となっています。神武天皇即位の年を皇紀元年とすると、今年は皇紀2672年にあたります。

2月17日(月)
祈年祭(きねんさい)
 〔一般の方は参列できません〕
祈年祭の「年」とは穀物の意味です。穀物は年に一度実ることから、穀物の成熟、または穀物そのものを指して「年」と言うようになったのです。ですから、祈年祭とはその年の穀物の豊穣を祈る祭です。
当日は午前10時より、当宮役員・産子会幹事等の参列を得て、お祭が行われます。当宮楽部による「浦安の舞」も奉奏されます。