日光東照宮 最新情報

 当宮400年式年大祭を記念して、大相撲巡業「とちぎ場所」が下記の通り開催されることが決まり、528日に社務所平成の間で調印式を行いました。

 調印を終えて、日本相撲協会の髙崎龍水親方は「東照宮400年祭を記念してとちぎ場所を開けることは光栄だ。今、相撲人気が盛り上がり、連日満員御礼となっている。とちぎ場所も成功するようサポートしていきたい」と抱負を述べました。

 場所前の107日(水)には第69代横綱白鵬関が東照宮表門前において土俵入りを奉納いたしますが、東照宮で土俵入りが行われるのは歴史上初めてのこと。

 翌8日(木)にブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で、力士ら総勢270名による巡業「とちぎ場所」が開かれます。

     P1410605.jpg-ブログ.jpg

                                

【横綱白鵬奉納土俵入り】

日  時: 107日(水) 1400

場  所: 日光東照宮表門前

 

【大相撲秋場所巡業「とちぎ場所」】

日  時: 108日(木) 開場800、打ち出し1500 

会  場: ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)  宇都宮市元今泉5-6-18

主  催: 下野新聞社

特別協力: 日光東照宮

協  力: 公益財団法人 日本相撲協会

後  援: 栃木県、日光市、宇都宮市、宇都宮市スポーツ振興財団、栃木県経済同友会、栃木県経営者協会、

       栃木県中小企業団中央会、栃木県商工会議所連合会、栃木県商工会連合会、とちぎテレビ、

       栃木放送、エフエム栃木

 

料  金:1階タマリS席   14,000円(座布団付)  488

         タマリA席   13,000円(座布団付)  856

         タマリB席   12,000円(座布団付)  572

         イス席     10,000円(座布団付)  360

         福祉席(ペア) 15,000円(座布団付)   44

      2階イスS席      8,000円            680

         イスA席      5,000円            1418

         福祉席(ペア) 10,000円             4

      相撲土産セット料金 3,000円...事前申込み制

      セット内容5品(弁当、お茶、横綱手形タオル、歴代横綱組湯呑、大入り巾着)

日: 616日(火)※相撲土産セット券同時販売

所: 下野新聞取り扱い新聞販売店

       下野新聞NEWS CAFE(宇都宮市江野町8-12

       栃木県総合文化センタープレイガイド ℡028-643-1013

       宇都宮市文化会館プレイガイド ℡028-634-6244

       FKDショッピングプラザ ℡028-623-5269

        FKDショッピングモール宇都宮インターパーク店 ℡028-657-6534

       チケットぴあ ℡0570-02-9999

問合せ先: 下野新聞社営業局ソーシャルスポーツ推進室 ℡028-625-1145

 523日(土)より、当宮400年式年大祭記念「吉正本螺鈿美術展」を当宮客殿大広間にて開催しております。

 韓国の代表的工芸である螺鈿は、乾燥させた木材に漆などを何層にも塗り、そこに光沢が出るまで磨いた貝殻を張りつける技法です。吉正本氏はこの螺鈿の第一人者であり、韓国では人間国宝級の方です。

 本美術展は国内最大級の螺鈿作品展で、日本で行われるのはこれで最後となります。入場は無料ですので、ぜひこの機会に螺鈿の作品をご覧ください。

 詳細は下記のとおりです。

 

◆会  場:日光東照宮 客殿大広間

◆開催期間:平成27523日(土)~610日(水)

◆開場時間:午前930分~午後5

◆入  場:無料

◆主  催:吉正本螺鈿工芸院

                    P1410291.jpg-3.jpg

                          来場者に作品を説明する吉先生

400年式年大祭斎行

2015年05月27日

 本年は元和2年(1616)に御祭神徳川家康公が御奉祀されてから400年の佳節に当り、去る517日、御本社に於いて400年式年大祭を古儀に則り厳粛、盛大に斎行いたしました。

 当宮では、50年ごとに式年大祭を斎行しており、式年大祭では天皇陛下より御幣帛料を賜る特別な社格を有しております。

 翌18日には渡御祭(百物揃千人武者行列)。19日には奉祝大祭を斎行したほか、国際空手道連盟極真会館奉納演武と日光市内東西11か町の家体献備・お囃子奉納が行われました。

 17日には3万人、18日には5万人、19日には15千人の参拝客が訪れ、境内は大変賑わいました。

 今年は年間を通して400年祭奉祝行事や各種奉納行事が多数行われます。当HP400年祭特設ページにスケジュールと詳細がございますので、ぜひご覧ください。400年祭の佳節に多くの方に「日光詣」をしていただければ幸甚です。

   IMG_3261.JPG

 来る530日(土)に無形民俗文化財に指定されている北海道の「松前神楽」が奉納されます。

 「松前神楽」は、旧松前藩が、かつて城中で行わせたところから「お城神楽」ともよばれ、江戸時代に神職によって盛んに行われたものが後に広がり、現在では函館市、小樽市、松前郡松前町、福島町はじめ北海道の日本海沿岸地域や道南地域など広い地域で伝承され、各地の神社例大祭等で公開されています。

 本州で当神楽を見ることのできる機会はなかなかございませんので、ぜひこの機会にご覧ください。

 

                        記

◆日時:530日(土)午前10時・午後2

    ※それぞれ1時間から1時間30分程の公演となります。

◆場所:五重塔前特設ステージ

◆主催:渡島神道青年会、松前神楽保存会

現在、当宮宝物館では国宝の太刀「助真」と「国宗」を期間限定で展示・公開しております。この2振りの太刀は、通常東京国立博物館に寄託しておりますが、このほど400年式年大祭の佳節に、47年ぶりに当宮に帰ってまいりました。

 

中でも「助真」は、肥後熊本藩初代藩主の加藤清正より家康公に献上された名刀で、日本刀の愛好家からは「陽明門よりも価値がある」とも言われるほどです。

 

5月末までの展示となりますので、この機会にぜひご覧ください。

 
                        ⑱助真.JPG

当宮では、御祭神徳川家康公400年祭の佳節を記念した各種頒布品を調製しております。当御朱印帳(御朱印帳代1,800円。揮毫料300円)も400年祭記念頒布品のひとつです。

昨今の御朱印集めブームも手伝い、当宮の御朱印受付の窓口もたくさんの参拝客の方で賑わっております。当宮に足をお運びの際は、御朱印受付にも立ち寄られてみてはいかがでしょうか。

 

※平成27年12月12日を以て当御朱印帳の頒布は終了いたしました。なお、従来の御朱印帳と全国東照宮連合会の御朱印帳は現在も頒布しております。

 また、平成28年には御鎮座400年祭記念の御朱印帳を頒布する予定となっており、現在調製中です。頒布を開始次第、当ホームページにてお知らせいたします。

 

 

     朱印帳.jpg-2.jpg    賑わう回廊.jpg

4月30日より、キリンビールマーケティング㈱が当宮400年式年大祭を記念して陽明門のデザイン缶を発売しました。

当宮に霊獣である「麒麟」の彫刻や壁画があることから、その「麒麟」を冠とするキリンビールが提案した企画で、県民や観光客に日光の観光をPRすることを目的としています。

5月1日には、キリンビールマーケティング関係者が来社し、当宮へのデザイン缶奉納式と事業成功祈願を行いました。

販売数は350ml缶7,800ケースで、栃木県内の他、東武鉄道沿線の販売店にて販売いたします。数量限定での販売となります。ぜひお買い求め下さい。

                                                       キリンビールデザイン缶.png

カレンダー

« 2015年05月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のエントリー