日光東照宮 最新情報

 6月30日午後5時より、御本社唐門前に於いて、大祓神事を斎行いたします。

 大祓とは、日常生活の中で知らず知らずのうちに身に付いた罪や穢(けがれ)を人形(ひとがた)に移して取り除き、大祓詞(おおはらえことば)を奏上することによって清き明き直き身心に立ちかえる神事で、6月と12月の晦日に行います。

 半年の罪穢を人形に託し、身心を祓い清めましょう。

  現在、郵送でも大祓の申込みを承っております。人形をご希望の方は、東照宮大祓係(℡0288-54-0560)までご連絡下さい。(ただし、神事には一般の方はご参列できませんので、ご了承願います。)

  67日(日)に五重塔前特設ステージにて、「南部神楽」が奉納されます。

 「南部神楽」は、宮城県北部(大崎市・石巻市付近)から岩手県南部(奥州市付近)まで伝わっており、内陸地域を中心に沿岸地方にも少数が伝承されています。

 宮城県北、岩手県の信仰の中心地であった一関市萩荘西部の自鏡山金剛院で、古くから、祈祷のために山伏神楽が踊られていました。これが、明治時代になり修験道が廃止され、一般民衆によって踊られるようになったものが、「南部神楽」の原型といわれています。

 当日は午前9時から午後4時まで続けて神楽の奉納を行いますので、ぜひこの機会に足をお運びください。

                                    記

 ◆日時:67日(日)午前9時から午後4

    ※7時間続けての公演となります。

◆場所:五重塔前特設ステージ

カレンダー

« 2015年06月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のエントリー