日光東照宮 最新情報 平成28年 日光東照宮 御鎮座 四百年

 104日(日)、独演会を前に御本社で参拝をされた小朝師匠は、家康公の御威光と社殿に描かれた狩野探幽の作品に圧倒されたとのこと。そこで、この日の演目は、家康公の意を受けて本多正信が茶会を催す噺と名人絵師の噺となりました。

 林家ひろ木さんは林家木久扇(元、木久蔵)師匠のお弟子さん。お客さんとの掛け合いで会場を沸かせて下さいました。

 演目は以下の通りです。 

「読書の時間」 林家ひろ木 : 大人向けの本を学校に持っていった息子が教室で朗読する羽目になり...

「大名の茶の湯」 春風亭小朝 : 茶を知らぬ戦国武将が茶席に招かれて起す騒動

「津軽三味線披露」 林家ひろ木 : 三味線でベンチャーズまで演奏

「抜け雀」 春風亭小朝 : 名人絵師親子の人情噺

  P1450984.JPG