日光東照宮 最新情報 平成28年 日光東照宮 御鎮座 四百年

 1128日(土)、五重塔前特設ステージにおいて、栃木県書道連盟の四名の先生方に「日光東照宮400年式年大祭記念 書道大揮毫」の奉納をしていただきました。

 この日、先生方は揮毫に先立って御本社で正式参拝。その後、境内を通って、五重塔前に姿を現すと、書道関係者や門下の皆様から拍手と歓声があがり、この奉祝行事を多くの方々が心待ちにしていたことが伺われました。

 用意しておいたイス席が早々に埋まり、内外からの参拝者も集まって期待感が増す中、先生方は重厚に、また軽妙に文字を書き分けて、観覧者に披露されました。

 大浦星齋先生は東照宮の御神威を仰いで大筆で「神気降臨」と「申」、松本宜響先生は空中筆法により日光にちなんだ「大好山水」「白鶴舞汀」「玉響松風」「いろは歌」、村田幽香先生は松尾芭蕉が日光で詠んだ「あらたふと青葉若葉の日のひかり」、赤澤豊先生は締めくくりに大筆で「寿」と、いずれもおめでたい文字で当宮四百年式年大祭を寿いで下さいました。

 P1490482.JPG P1490492.JPG