日光東照宮 最新情報 平成28年 日光東照宮 御鎮座 四百年

日光社参ウオーク閉幕

2015年12月19日

 当宮四百年式年大祭を奉祝する秋のイベント「日光社参ウオーク」は1024日に開幕し、七日間連続で日光まで歩き通す本隊コース参加者が同月30日に東照宮に到着しました。

 その後、週末毎に一区間ずつ進むデイリー隊コースの参加者が、以下の日程で歩を進め、126日(日)に無事当宮へ到着。グランドフィナーレを迎えました。

 1024日(土)行幸通り~川口宿(健脚)、行幸通り~岩淵宿(チャレンジ)

 1025日(日)川口宿~岩槻宿(健脚)、川口宿~大門宿(チャレンジ)

 11  8日(日)岩槻宿~栗橋宿(健脚)、岩槻宿~幸手宿(チャレンジ)

 1114日(土)栗橋宿~小山宿(健脚)、野木宿~小山宿(チャレンジ)

 1121日(土)小山宿~宇都宮宿(健脚)、石橋宿~宇都宮宿(チャレンジ)

 12月 5日(土)宇都宮宿~今市宿(健脚)、大沢宿~今市宿(チャレンジ)

 12月 6日(日)今市宿~日光東照宮

 日光社参ウオーク全参加者4000名のうち、最終日に集まったデイリー隊は1100名。一行は午前9時に今市宿のニコニコ本陣を出発した後、東照宮の参道である日光杉並木街道を進みました。この杉並木は松平正綱侯が家康公への報恩のために植えたもので、現在では国の特別史跡と特別天然記念物の二重指定を受けています。

 第一陣が和太鼓の演奏に迎えられて東照宮に到着したのは昼の12時を回った頃。一人一人完歩証を受け取り、表門前で団体参拝を行いました。後続の参加者も到着するごとに参拝を済ませ、ここに一カ月以上にわたって行われてきた日光社参ウオークは大団円を迎えました。

 その後、日光市総合会館前でセレモニーが行われ、実行委員会からの挨拶があったほか、豚汁をふるまい、猿回しを披露するなどの参加者へのおもてなしもありました。

 今回の社参ウオークは東照宮四百年式年大祭を記念して行われたものでしたが、多くの参加者に楽しんでいただき、次回以降のウオークイベントを望む声が多数届いています。皆さんに喜んでいただける発表が出来ればと密かに願っているところです。

  IMG_4829.JPG P1490898.JPG

  〈日光杉並木街道をゆく〉     〈東照宮に参拝〉