日光東照宮 最新情報 平成28年 日光東照宮 御鎮座 四百年

 6月24日(金)から26日(日)まで、五重塔前ステージにおいて、三夜連続「JTB-presents 日光東照宮御鎮座四百年記念スペシャルコンサート」が開かれました。 

 24日は、あいにくの雨の中、初めに桐嶋ノドカさんが伸びやかな歌声を披露し、次いで、The NO PROBLEM's さんが登場。同バンドはモンゴル800キヨサク氏が他のアーティストに提供した歌を自ら歌うために結成した実験的なバンドです。氏は郷愁を誘う歌声で、ささやかな日常を前向きに歌って下さいました。最後はSalyuさん。独創的なメロディーとその構成、広音域を歌いきる歌唱が衝撃的でした。

  P1560316.JPG

 25日と26日は和楽器バンドさんのステージ。東照宮にふさわしい派手やかな衣装で登場し、テレビ東京系リオデジャネイロ五輪中継のテーマソング「起死回生」と、同中継で使われる応援ソング「ミ・ラ・イ」を初めて披露したほか、ヒット曲をサービス精神旺盛に演奏。和太鼓・尺八・箏・三味線など各パートを主役にした楽曲やコーナーもあり、まさに和楽器のカッコよさを見せつけるかのような演出で、終始総立ちの観客を熱狂させてくれました。

 リーダーの鈴華ゆう子さんは日光市とゆかりの深い水戸市の出身。日光東照宮にも時折参拝して、お守りも持っていらっしゃるとか。詩吟の師範でもある彼女は、一日目には家康公が富士山を好まれたことに因んで「富嶽」を、二日目には、水戸藩主徳川斉昭公が作った「弘道館に梅花を賞す」を吟じてくれました。

 当宮からメンバー全員に記念品として東照公御遺訓の柱掛けを進呈したところ、大変喜んでくれました。

  P1000215.JPG