日光東照宮 最新情報 平成28年 日光東照宮 御鎮座 四百年

今般、学校関係の夏休み期間、多くの方々に江戸時代の優れた建築技術を理解していただきたく、昨年に引き続き期間限定で特別拝観料金を設定することになりましたので、お知らせいたします。

 ○設定期間:平成28年7月20日(水)〜8月31日(水)まで
         ※上記期間以外は通常拝観料となります。
 ○設定料金 : 小学生100円(通常200円)
        小学生の同伴家族等200円(通常300円)
        ※上記料金には団体割引はございません。
 ○進呈記念品:クリアファイル1枚

 当宮御鎮座四百年を記念して、世界押し花絵芸術祭2016 in 日光「全国押し花絵コンクール2016 in 日光 作品展」を、境内と付属施設内で開催いたします。

 同催しは、国内外の押し花愛好者が押し花を用いた絵や手紙、はがきなどを制作・展示して、手作り文化の普及と自然との共生とを目指す国内最大級の押し花絵の祭典で、2012年の横浜大会以来4年ぶりの開催です。

 深緑に囲まれた7月の日光山内で、押し花絵の多彩な色彩をお楽しみください。

                     記

 開催日時:   75日(火)~10日(日) 午前8時~午後5

 会場・入場料: 客殿・武徳殿→両会場共通1,000

           東西回廊→境内拝観料金にて観覧できます(大人・高校生1,300円、小人450円)

           美術館→美術館入館料金にて観覧できます(大人800円、高校生600円、小人400円)

           御仮殿→入場無料

 作品テーマ:  色彩にっぽん

 展示作品数:  全会場1,066

 主  催:    世界押し花絵芸術祭2016 in 日光実行委員会 (お問合せ:℡0352615581

   P1560359-2.jpg

 去る521日(土)、当宮御鎮座400年の佳節を奉祝し、一般社団法人世界芸術文化交流会と当宮との共催で、「歴史的建造物と現代美術に見出す平和への祈り」をテーマに、社務所・平成の間において芸術鼎談が行われました。本企画は、昨平成27年に四百年式年大祭特別奉納行事として恒久平和を祈念し、「天下泰平 日本芸術奉納美術展覧会~真秀」を共催したことが契機となり、実施されたものです。

 鼎談は、当宮稲葉久雄宮司、当宮の平成の大修理を手掛け、国宝などの文化財建造物修復業者である㈱小西美術工藝社の代表取締役デービッド・アトキンソン社長、本企画を立案した上記世界芸術文化交流会石川文隆代表理事の顔ぶれで開催されました。

 御祭神徳川家康公の平和理念を顕彰すべく、各々の立場で当宮の文化財と現代日本美術家作品とを比較し、作品に込められた平和への思いを考察することを趣意とした今回の鼎談は、佳節を祝うこの時期だからこそ実現した記念すべき特別企画です。稲葉宮司も本企画に対し、徳川家康公の平和思想を顧みることを目的としながらも、これまでの長い歴史の中で社殿の管理や改修に携わった多くの方々に報いる素晴らしい企画と認識しており、本鼎談は家康公の平和理念を顕彰する有意義な機会となりました。

 

 この芸術鼎談開催の折に、御鎮座400年を奉祝して、本企画に参加した美術家から当宮に作品が奉納されました。御奉納者のお名前は以下の通りです。

 

石田和子、石田太造、奥村憲、富田郁子、待鳥壱青、矢野公子、今泉名保子、川崎佐与子、北村悠香子、浅野春雲、梅内春藍、笠原逍汀、多田香邨、中村秀嶺、中村鳳仙、眞島古汀、鈴木紅紗、以上(順不同・敬称は略させていただきました)

  P1540193.JPG

カレンダー

« 2016年07月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のエントリー