日光東照宮 最新情報 平成28年 日光東照宮 御鎮座 四百年

 915日までに「杉並木オーナー制度」に基づくオーナー保有木が634本(県保有分を除くと559本)となり、過去最高となりました。

 「杉並木オーナー制度」とは、杉並木保護の賛同者に並木杉1本を1千万円で購入していただき、その代金を栃木県が日光杉並木街道保護基金で運用し、その運用益で杉並木の樹勢回復事業を実施するという制度です。新規オーナーになると、517日の日光東照宮例祭に招待されることになっており、解約したい場合には栃木県がいつでも同額で買い戻しています。

  オーナー保有木が過去最高の633本に達したのは平成16年のことでしたが、いったん減少した後、近年増加して、㈱横倉本店様の契約をもって634本に達しました。この木は延べ本数にして実に1千本目でもありました。

 

 同日915日に栃木県庁では「第81回日光杉並木オーナー証書交付式」並びに「第78回日光杉並木街道保護基金への寄付に対する感謝状贈呈式」が行われ、新規オーナーである㈱環境設計様(延べ998本目)と東京大神宮様(延べ999本目)に対して、福田知事よりオーナー証書が手渡され、杉並木保護への協力に対しお礼の挨拶がありました。続いて、寄付をして下さった㈱クワバラ・パンぷキン様には感謝状の贈呈がありました。

 延べ本数1千本目、現状契約数634本目の杉並木オーナーとなった㈱横倉本店様の「オーナー証書交付式」は来年2月に行われる予定です。

  オーナー証書交付式(東京大神宮)-2.jpg

  東京大神宮松山文彦宮司への証書交付