日光東照宮 最新情報 平成28年 日光東照宮 御鎮座 四百年

 98日より当宮客殿大広間で「元禄~町人文化交流三三〇年記念『日光東照宮奉納美術展覧会~平成』」を下記の通り開催します。入場は無料ですので、ご参拝の折に是非お立ち寄り下さい。

              記

○会 期: 98日(土)~11日(火)  午前10時~午後5時

○会 場: 東照宮客殿大広間

○出品数: 104点(絵画・造形・書道)

○入場料: 無料

  美術展覧会~平成.JPG

韓国議員団が当宮訪問

2018年09月02日

 8月28日(火)、韓国の議員で構成する「朝鮮通信使委員会」一行8名(随行3名)が江戸時代の日朝友好の証である朝鮮通信使の足跡をたどり、遺品等を視察する目的で、当宮を訪れました。

 案内役は日光朝鮮通信使研究会を主宰する柳原一興氏が務め、境内では唯一の遺品である朝鮮鐘について丁寧に説明したほか、通信使が東照宮を訪問した際の行動や感想まで紹介し、内容の濃い案内で現代における両国の友好に一役買いました。

 議員団一行は更に東照宮宝物館、輪王寺宝物殿に足を運んで通信使関係資料を見学しました。

  朝鮮通信使委員会.JPG 朝鮮鐘の説明を聞く議員団一行

ベトナム国大臣の参拝

2018年09月02日

 8月25日(土)、総務省行政評価局職員の案内により、ベトナム国家監察省監察総監(大臣)レ・ミン・カイ氏、同国共産党中央監察委員会副議長レ・ティ・トゥイ氏ほか国家監察省官僚・関係者一行が当宮を視察し、参拝されました。

 ベトナム国家監察省は、監察、苦情・告発の処理及び汚職防止を所管する中央省庁であり、総務省との会談、我国の行政苦情救済制度の視察、地方公共団体による市民サービスの視察を目的に来日しました。そして、日光市役所への訪問に合わせて、当宮への来社となったものです。

 陽明門には民衆の訴えを聞く周公旦の彫刻があり、唐門にも太鼓や筆書きによる訴えを奨励した舜帝の彫刻がありますので、それらについて説明すると、一行は「総監(大臣)もこれと同じ仕事をしているのです」と感慨深げに眺めていらっしゃいました。

  ベトナム大臣.JPG 大臣(右から6人目)を中心に記念撮影 

カレンダー

« 2018年09月 
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のエントリー