日光東照宮 最新情報 平成28年 日光東照宮 御鎮座 四百年

1231日(月)

○大祓式(おおはらえしき)

一年の罪穢れを祓う儀式で、神職・関係者参列のもと行われます(一般の方は参列できません)。

 

1月1日(火)~7日(月)

○初詣

元日午前0時から3時頃まで、表門を開き、陽明門下に設けた特設祈祷所にて新年特別祈祷祭を行います(詳しくは当ホームページ「新年特別祈祷」の項をご覧ください)。五重塔前の授与所では破魔矢・熊手・吉祥絵馬などの縁起物や、当たり付き「おみくじ」をお頒ちします。いったん閉門し、午前7時30分にあらためて開門。引き続き新年祈祷申し込みの受付をいたします。1月2日以降は8時に開門いたします。

  

東照宮の縁起物は、7日まで、五重塔前の授与所にてお頒ちします。

①熊手......穀物をかき集める農具をかたどった福徳を集める縁起物です。

②破魔矢......邪気を払う魔除けの縁起物。子供の初正月の祝いに親戚などが贈る習慣もありました。

③幸運の矢......積極的に幸運を射止める現代的な縁起物です。

④亥歳絵馬......祈願用の奉納絵馬ではなく、吉祥画としてお飾りいただくものです。

   

1月1日(火)

○歳旦祭(さいたんさい)

国家の繁栄と国民の幸福を祈念する祭典。午前6時より斎行されます。(一般の方は参列できません。)

 

1月17日(木)

○自衛消防隊機動班放水演習

国宝・重要文化財の建造物を守るため、当宮の職員が消火設備の点検と放水演習を行います。

 

126日(土)

○文化財防火デー消防訓練

日光山の文化財を守るため、日光二社一寺(東照宮・二荒山神社・輪王寺)共同で消防訓練を行います。

 日光東照宮の唐門には「舜帝朝見の儀」を表わした有名な彫刻があります。これは古代中国の理想的な王様・舜帝に臣下が拝謁している場面です。

  「舜帝朝見の儀」の画像検索結果

 現在の元号「平成」は、この舜帝の言葉である「内平外成」を出典としておりますが、斯様に当宮と関わりの深い「平成」の御世も年が明ければ、あと僅か。

 平和を希求した御祭神徳川家康公の願いにも通じる「平成」時代の締め括りに、皆様の当宮御参拝をお待ちしております。

 ご参拝のお印には御朱印の揮毫もしています。揮毫料は年明けより500円(陽明門竣功記念シール付)、当宮特製朱印帳は2,300円(夫々元日より改定)で頒布いたします。

 9月1日より表門前拝観受付所で運用を開始した当宮拝観券自動券売機(個人券専用)は、現金のほかSuica等交通系電子マネーが使用でき、英語・中国語・韓国語の3ヶ国語にも対応することから、参拝のお客様より大変便利との声を多くいただいております。このことを受け、12月16日にさらに2台を増設、合計4台の券売機で拝観券をお求めいただけることになりました。

  自動券売機4台の運用開始初日は、全参拝者の内、約7割の方が券売機をご利用になりましたが、これから迎える初詣の時期など、拝観受付が大変混み合う際には、よりスムースに拝観券をお求めいただけるSuica等交通系電子マネーのご利用をお勧めいたします。

 

 12月31日(土)に当宮で大祓神事を斎行いたします。

 大祓とは、日常生活の中で知らず知らずのうちに身に付いた罪や穢(けがれ)を人形(ひとがた)に移して取り除き、大祓詞(おおはらえことば)を奏上することによって清き明き直き身心に立ちかえる神事で、6月と12月の晦日に行います。

 半年の罪穢を人形に託し、身心を祓い清めましょう。 

 現在、郵送でも大祓の申込みを承っております。人形をご希望の方は、東照宮大祓係(℡0288-54-0560)までご連絡下さい。(ただし、神事には一般の方はご参列できませんので、ご了承願います。)

カレンダー

« 2018年12月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のエントリー