日光東照宮 最新情報 平成28年 日光東照宮 御鎮座 四百年

 昨年(平成30年)520日に、ニュージーランド政府から当宮へ神馬の贈呈式が行われました。当日はニュージーランド国のウインストン・ピーターズ副首相兼外務大臣が来社し、神馬の写真を稲葉宮司に手渡すことをもって、神馬贈呈の印としました。新しい神馬は「光丸号」と名付けられました。

 その後、9月に光丸号は日本に送られ、106日に当宮へ到着。現在神厩奉仕を行うための練習をしているところです。

 この先、当宮境内でニュージーランド政府側から当宮宮司へ光丸号の手綱が渡される献進式が予定されていますが、その儀式が終わると、光丸号は正式に当宮の神馬となるのです。

 このようにして神馬となる日を待っている光丸号を取材するため、去る411日にテレビニュージーランド(TVNZ)の取材陣が当宮を訪れました。

  P1020008-2.png

 一行は先ず厩舎に向かい、光丸号が元気に散歩をする様子をビデオカメラに収めました。次いで境内で陽明門を中心に当宮紹介用の映像を撮影。その後、社務所で宮司のインタビュー撮りを行いました。

 宮司は東照宮の概要や宮司の役割等について説明した後、光丸号への思いを問われ、「熟練の担当者が光丸号の世話をし、寒暖の変化に応じて馬房の環境を整え、良い牧草を取り寄せて食べさせています。光丸号は平和の使者として贈られた馬なので、その存在意義は大きく、最大限に気を遣って飼育しています」と語り、ニュージーランドと日本との関係については、「難しい国際状況の中で、二国間の友好関係は大切にしていきたい。旅行団を組んで答礼訪問に訪れるつもりです」とレンズを通してニュージーランドの方々に約束しました。

  P1020063-2.png

カレンダー

« 2019年05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31