• 日光杉並木と保護活動 ご祈祷 結婚式
  • 社殿の概要〜世界遺産〜
     現在の社殿群は、そのほとんどがご鎮座から20年後の寛永(かんえい)13年(1636)に建て替えられたものです。陽明門(国宝)など55棟、その費用は、金56万8千両、銀百貫匁、米千石(『日光山東照大権現様御造営御目録』より)を要し、ご造営の総責任者には秋元但馬守泰朝(あきもとたじまのかみやすとも)、工事や大工の総責任者には大棟梁甲良豊後宗広(こうらぶんごむねひろ)があたり、わずか1年5ヶ月の工期で完成しました。
     境内の特徴は、自然の地形を生かした参道や階段を用い、バランス良く配置された社殿群が荘厳な宗教的空間をつくりだしていることにあります。さらに建物には、漆や極彩色がほどこされ、柱などには数多くの彫刻が飾られていますが、これらは単なるデザインではなく、信仰形態や学問・思想があらわされています。
     また、これらの社殿群は平成11年12月「世界文化遺産」に登録されました。


     
    石鳥居(いしどりい)【重文】 石鳥居(いしどりい)【重文】
    ご鎮座翌年の元和4年(1618)、九州筑前(福岡県)藩主黒田長政公によって奉納されました。石材は、まず九州から船で小山まで運ばれ、その後陸路人力でこの日光まで運ばれました。
     
    五重塔(ごじゅうのとう)【重文】 五重塔(ごじゅうのとう)【重文】
    慶安3年(1648)若狭の国(福井県)小浜藩主酒井忠勝公によって奉納されました。文化12年火災にあいましたが、その後文政元年(1818)に同藩主酒井忠進公によって再建されました。
     
    表門(おもてもん)【重文】 表門(おもてもん)【重文】
    東照宮最初の門で、左右に仁王像が安置されているところから仁王門とも呼ばれています。
     
    三神庫(さんじんこ)【重文】 三神庫(さんじんこ)【重文】
    上神庫・中神庫・下神庫を総称して三神庫と言い、この中には春秋渡御祭「百物揃千人武者行列」で使用される馬具や装束類が収められています。
    また、上神庫の屋根下には「想像の象」(狩野探幽下絵)の大きな彫刻がほどこされています。
     
    神厩舎・三猿(しんきゅうしゃ・さんざる)【重文】 神厩舎・三猿(しんきゅうしゃ・さんざる)【重文】
    神厩舎は、ご神馬をつなぐ厩(うまや)です。昔から猿が馬を守るとされているところから、長押上には猿の彫刻が8面あり、人間の一生が風刺されています。中でも「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿の彫刻が有名です。
     
    御水舎(おみずや)【重文】 御水舎(おみずや)【重文】
    神様にお参りする前に、手を洗い、口をすすぎ、心身を清める為の建物です。水盤は元和4年(1618)九州佐賀藩主鍋島勝茂公によって奉納されました。
     
    陽明門(ようめいもん)【国宝】 陽明門(ようめいもん)【国宝】
    日本を代表する最も美しい門で、宮中正門の名をいただいたと伝えられています。いつまで見ていても見飽きないところから「日暮の門」ともよばれ、故事逸話や子供の遊び、聖人賢人など500以上の彫刻がほどこされています。
     
    廻廊(かいろう)【国宝】 廻廊(かいろう)【国宝】
    陽明門の左右に延びる建物で、外壁には我が国最大級の花鳥の彫刻が飾られています。いずれも一枚板の透かし彫りには、極彩色がほどこされています。
     
    唐門(からもん)【国宝】 唐門(からもん)【国宝】
    全体が胡粉(ごふん)で白く塗られ、「許由と巣父(きょゆうとそうほ)」や「舜帝朝見の儀(しゅんていちょうけんのぎ)」など細かい彫刻がほどこされています。
     
    御本社(ごほんしゃ)【国宝】 御本社(ごほんしゃ)【国宝】
    本殿・石の間・拝殿からなり、東照宮の最も重要なところです。例祭をはじめ、年中の祭典が斎行されます。また拝殿左右には、「将軍着座の間」・「法親王着座の間」があります。
     
    神輿舎(しんよしゃ)【重文】 神輿舎(しんよしゃ)【重文】
    春秋渡御祭(5月18日、10月17日)に使われる、三基の神輿(みこし)が納められています。
     
    祈祷殿(きとうでん)【重文】 祈祷殿(きとうでん)【重文】
    結婚式や初宮などのご祈祷が行われます。
     
    眠り猫(ねむりねこ)【国宝】 眠り猫(ねむりねこ)【国宝】
    左甚五郎作と伝えられています。牡丹の花に囲まれ日の光を浴び、うたたねをしているところから「日光」に因んで彫られたとも言われています。これより奥宮に通じます。
     
    奥宮(おくみや)【重文】 奥宮(おくみや)【重文】
    拝殿・鋳抜門(いぬきもん)・御宝塔からなる御祭神のお墓所です。
     
    宝物館(ほうもつかん) 宝物館
    (ほうもつかん)
    美術館(びじゅつかん) 美術館
    (びじゅつかん)
    武徳殿(ぶとくでん)【登録有形文化財】 武徳殿
    (ぶとくでん)
    【登録有形文化財】
     
    客殿・社務所(きゃくでん・しゃむしょ) 客殿・社務所(きゃくでん・しゃむしょ)
    来客やご祈祷者、祭典奉仕者などをお迎えする施設として、また、茶会やミニコンサートなどの会場としても広く利用されています。

    当サイトの写真図画及び記述内容の著作権は、全て日光東照宮に帰属します。
    個人・企業を問わずこのページ(写真記述内容)を転載及び著作物に利用する事を
    固くお断りいたします。